インプラントが保険適応になるケース

バナー

インプラントが保険適応になるケース

インプラント治療は通常であれば自由診療、つまり3割負担にならない治療として扱われるのですが、これには一部例外があります。

その例外、保険適応としてインプラント治療を受けられるのであれば是非そうしたいと考える人は多いでしょうが、その例外となる条件としてはまず「腫瘍や顎骨骨髄炎などの病気や事故の外傷によって顎の骨を1/3以上連続して欠損している」というものが挙げられます。

あなたに合った条件の横浜のインプラント情報は見逃せません。

この場合はブリッジや入れ歯などで歯の機能を取り戻すことが困難となりますから、骨を再生する手術と併せて保険適応の上で治療を受けられるわけです。

新しい東京のインプラントについて調べるなら、こちらをご覧ください。

また「先天性疾患によって顎の骨の1/3以上が連続して欠損している」場合も保険適応になります。

この場合も生まれつきの疾患、病気を治療するためだということでインプラント治療が保険適応になるわけです。


そして「顎の骨の形成不全が発生している」場合も保険適応です。

これもやはり、前者二つと同様に病気が原因であるわけですから、インプラント治療を保険適応で行うべきであると判断されます。さて、これら三つの条件に該当するのであれば、その方はインプラント治療に保険を適応させ、三割の負担で受けられるわけです。

ちなみに歯周病や加齢によって顎の骨が痩せた場合も一見すると病気によるものだから保険適応にするべきだというようにも見えますが、これは残念ながらブリッジや総入れ歯での代替が出来ると判断されますので、保険は適応されません。


結局のところほとんどの場合は自由診療になるのですが、もしこれらの条件に合致するのであれば、歯科医などに相談して制度の利用を検討してみてください。

Infoseek ニュースの情報を求める人におすすめのサイトです。

Copyright (C) 2016 インプラントが保険適応になるケース All Rights Reserved.